アゴ削りを行ってほっそりとしたフェイスラインに

夏休みを利用し手術へ

女性らしい友人達への憧れ : 夏休みを利用し手術へ : 毎日がハッピーに

不安はありましたが、できるだけ安心して受けられるようにと評判の良いクリニックを見つけて、まずはカウンセリングだけ受けに行こうという気持ちで足を運びました。
手術の方法やどのようなリスクがあるのかを説明してもらい、実際にどの位変わるのかをコンピューター上で確認したのですが、医師も驚くほどの変化が得られるいうことで、やはりアゴ削りをすれば私のゴツい印象の顔も変われるのだということが分かりました。
シミュレーションを見た瞬間から私の中では受ける方向に気持ちが向かっていて、あんなフェイスラインになれたらお洒落もたくさんできるし、もっとも明るい気持ちで過ごせるようになるなどと色々なことを考えていました。
不安なことや心配なことを医師に確認し、あとは決めるだけという段階になっても手術への恐さよりも美しくなれるという喜びの方が大きくて、自分でもこんなに強いコンプレックスになっていたんだという驚きがありました。
手術は日帰りでは行えませんので、夏休みを利用して行いました。
4日間入院したのですが、当日は全身麻酔で臨みましたので目を覚ましたら全てが終わっていました。
手術をした部分はきっちりと固定されていましたのでフェイスラインを確認することはできませんでしたが、翌日からは腫れが出てきて痛みもありましたので、変化を確認する余裕がなかったというのが正直な感想です。
痛みは少しの間続きましたが、すぐに気にならない程度にまで回復しましたので、退院後は痛みで眠れないこともありませんでした。

アゴ削り美容外科