アゴ削りを行ってほっそりとしたフェイスラインに

女性らしい友人達への憧れ

子供の頃からいかついと評されることも多かったフェイスラインが大きなコンプレックスでした。
男性のような風貌だと思われることも多かったので、女性らしい友人達に憧れの気持ちを抱いていました。
痩せれば少しはマシになるのではないかと考えてダイエットをしたこともありましたが、体は細くなっても肝心の顔はそれほど細くならず、かえって窪みができて老けて見られるようになってしまいました。
このままでは一生恋愛にも積極的にはなれないし、自分の顔を見るのも嫌だと感じていましたので毎日暗い気持ちで過ごさなければならないと考え、何とかフェイスラインを変える方法はないかと調べて整形手術にたどり着きました。
整形手術は恐いという印象が強かったのですが、他にはもう策は無いと感じていたので藁にもすがる思いでした。

アゴを気にせず髪型を楽しみたいと思ってアゴ削りを決意

学生時代から幅が広くて四角張ったアゴが気になり、ずっと髪型でごまかしてきました。しかし、隠すとなるとできる髪型も限られてしまい、やってみたい髪型を何一つできないまま社会人を迎えました。周りは自分を知らない人ばかりになりますので、このタイミングで思い切ってアゴ削りを受けたいと考え、クリニックのカウンセリングを受けてみることにしました。
まず角ばったアゴに丸みをもたせるのはよくある施術のようで、シミュレーションをしてみてもそれだけでかなり雰囲気が変わることが分かりました。理想に近い形ではありますが、私の場合には幅を少し狭くしてほっそりとしたアゴにしたいという希望もありましたので、その希望を伝えてどれくらい削れるのかを確認してから行いました。
術後は少し辛かったですが、数ヵ月後に友人たちに会った時には顔が小さくなったと言ってもらえました。みんなは痩せたから小顔になったと思ったようですので、アゴが小さくなったことはバレていないようです。かなり雰囲気は変わってもアゴというパーツは他の人に知られにくいというのもメリットだと感じます。さすがに両親にはバレましたが、綺麗になったと言ってもらえて大満足です。

女性らしい友人達への憧れ : 夏休みを利用し手術へ : 毎日がハッピーに

アゴ削り美容外科